2011年05月21日

タガヤサングリップ(逆水滴型)

え~、


またもや、モデル工房Sさんの新作グリップです♪
タガヤサングリップ(逆水滴型)
「この前、同じようなグリップ見たよぉ~」、とか言わないで
ちょっと最後までお付き合い下さいね。


今回は、井浦先生から頂いた木材ではなく、
タガヤサングリップ(逆水滴型)
モデル工房Sさんに、こちらの材料を入手して頂きましたぁ♪
素材は、同じく『タガヤサン』(鉄刀木)になります。


木目がこの前よりはっきりとしていませんが、
タガヤサングリップ(逆水滴型)
形状はほとんど同じように見えますね~。


パッと見の違いと言えば、
タガヤサングリップ(逆水滴型)
このマグキャッチの逃げの部分が、水滴型の意匠として
加工して頂いたのですが、ここは本質的な違いの部分ではありませ~ん。


何処が違うかと言うと、
タガヤサングリップ(逆水滴型)
グリップを重ねると分かります♪

どこが違うでしょうか?


実際にフレームに装着してみます。
タガヤサングリップ(逆水滴型)
前回との違いが分かります?


フレームのフロントの部分から、
タガヤサングリップ(逆水滴型)
段差がなく、繋がった状態でグリップがはじまっているのは同じなのですが、


今回は、グリップの後ろに行くにしたがって、
タガヤサングリップ(逆水滴型)
徐々に、厚みが薄くなっているんですね~♪


つまり、
タガヤサングリップ(逆水滴型)
グリップの形状は、このような『逆水滴型』になっていて、
先端は厚く、グリップした時に指がしっかりかかるように、
後ろ側はホルスターから抜く時に、スゥ~握れるように
薄くなっているんですね~。


こうして比べてみると、よく分かります♪
タガヤサングリップ(逆水滴型)
どうでしょうか?全く前後の形状が逆転していますよね。

どちらがいいのか?
こればっかりは、人それぞれ好みもあるでしょうから、
実際に握にぎしないと分かりませんよね。
(※てるぱさん、スミマセ~ン! バッファロー会に
持って行ったのに、ニギニギして頂きませんでしたぁ~汗)


さらに、このように2種類のタイプを作ったのには
理由がありまして、そこらへんは次回のグリップ記事
の時までお待ち下さいね~♪


『まだまだ終わらんよ・・・』








同じカテゴリー(グリップ)の記事画像
Shrenades G10
タガヤサングリップ(応用編)
タガヤサン グリップ
同じカテゴリー(グリップ)の記事
 Shrenades G10 (2012-03-29 00:05)
 タガヤサングリップ(応用編) (2011-05-28 00:05)
 タガヤサン グリップ (2011-04-18 00:05)

この記事へのコメント
子連れ狼タガヤさん、こんばんは〜♪

逆水滴型〜こっそり、一応握らせて頂きましたよ〜。
いや!いーーですよ、コレ!

実際に2つを並べて握り比べしないと自分はどちらが良いか判別できない……って、くらい違和感が無いですね。
真逆形状なのに意外です!

てか、も一度ゆっくり握らせて下さい〜♪
Posted by てるぱ大臣 at 2011年05月21日 00:18
てるぱさん、

こんばんは~♪

あれ?コチラのタイプ、握って頂きましたっけ?(汗)

真逆形状なのに、どちらかが握り難い、という事もないので
とっても不思議な感覚です。
はじめは、握った時の違和感があったのですが、
ここ数日、2丁のグリップをニギニギしたり、左右で
持ち替えたりしていたら、なんとな~く自然と手の方が
慣れてきたような気がします。

まだ実際にシューティングで撃っていないので、
早く実射レポをしてみたいですね~♪
Posted by 子連れ狼 at 2011年05月22日 23:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。