2011年11月07日

ブラゾス・カスタムへの道5 (バルブロックレリーズ)

え~、

JSC本番に向けた練習中、
ブローバックしたスライドが途中で止まってロックする、
という不具合が発生しました。

マガジンをヌイて、スライドを引っ張って放して閉鎖します。
今度は、マガジンを抜いたまま、銃を逆さにしてスライドを
引きます。
やっぱり、スライドが途中で引っかかって止まってしまいました。
今年1年で、かなり撃っているのでバルブロックレリーズとブリーチが
擦れるところがヘタってきて、ここにレリーズが引っかかって
いるようです。

しかし、

問題は、コレだけでなく、別のところにありました。



こちらをご覧下さい、

WA純正とシェリフのシャーシです。

このふたつに、微妙な形状の違う部分がありました。



こちら、

WA純正。


こちらは、

シェリフ。

このままじゃぁ、よく分かりませんよね~(汗)


では、

バルブロックレリーズを組んでみるとどうでしょうか?
この部分に注目してご覧下さい。


どうです?

こちらのシェリフの方が、バルブロックレリーズを支える部分が
短いですよね~。


つまりですね、

通常はこのような動きをするバルブロックレリーズなのですが、


バルブロックのストロークにもよるのですが、

このように、インナーシャーシに乗り上げてしまう事があるようです。
これでは、さすがにスライドもロックしちゃいますよねぇ・・・


なので、

バルブロックレリーズの滑りをよくするため、ステンレスの板の
抜き打ちのレリーズを、ペーパーでピカピカに磨きましたぁ♪


ビフォアー&アフター。

最後はコンパウンドを使っての鏡面仕上げまで持って行きました。


う~ん、キレイ過ぎる!

これで滑りはよくなったのですが、根本的にシェリフのインナーシャーシは
クリアランスが大きいみたいですね。
これではまたレリーズが乗り上げてしまうかもしれません。


そこで、

コチラを使うことにしました。


電動ガン用のシムセットの中から、

厚さ0.2mmのものをスペーサーとして使用します。


丁度、

穴の内径が、シアーピンにぴったりです♪


バルブロックレリーズの上に乗せて、

このまま組みます。

左右のガタつきも少なくなり、なによりも、インナーシャーシに
乗り上げるクリアランスは無くなりました。
キツキツではないので、レリーズの動き自体はスムーズです。

これを組んでからは、銃を逆さにしてスライドを引いても
どこにも引っかからずに、『カシャ カシャ』出来ましたぁ~。
もちろん、実際に弾を発射しての作動も快調です♪







同じカテゴリー(ブラゾス・カスタム)の記事画像
アンリミテッドへの道5 (グリップセフティー)
アンリテッドへの道4 (プローンバンパー)
アンリミテッドへの道3 (サムレストその2)
アンリミテッドへの道2 (サムレスト)
アンリミテッドへの道(ブラゾス改修)
ブラゾス・カスタムへの道14 (チームウェア)
同じカテゴリー(ブラゾス・カスタム)の記事
 アンリミテッドへの道5 (グリップセフティー) (2011-12-16 00:05)
 アンリテッドへの道4 (プローンバンパー) (2011-12-15 00:05)
 アンリミテッドへの道3 (サムレストその2) (2011-12-14 00:05)
 アンリミテッドへの道2 (サムレスト) (2011-12-13 00:05)
 アンリミテッドへの道(ブラゾス改修) (2011-12-12 00:05)
 ブラゾス・カスタムへの道14 (チームウェア) (2011-12-02 00:05)

この記事へのコメント
こんばんわ~。

ご無沙汰しております。
遅ればせながら、JSCお疲れ様でした。
次回以降、何とか子連れさんの勇姿を拝見しに行きたいと
思っております。

>レリーズ

レリーズがシャーシに乗り上げてロックすると以前の記事の
コメで書かれてましたので、どんな状況なのか私は分からな
かったんですが、シェリフのシャーシ画像(1枚目)を拝見
して1発で理解致しました。
純正と比べてレリーズの押さえが少なすぎ!
これだけガタがあればそりゃあねぇ...って感じですよね。
シェリフも何でこんな寸法で作ったのか理解に苦しみます。
撃っていていきなりロックしたらマジで慌てますよねぇ...

最終的にシムで調整してガタを取る辺り流石子連れさんですね♪
その後、本戦でマガジンの不調が出てしまったようですが、
本体の不具合は無くなったようで何よりです。
今後もブラゾスネタ楽しみにしておりますね。
Posted by とも at 2011年11月07日 00:30
ともさん、

ど~も、どうも、
こちらこそご無沙汰しております♪

ぜひぜひ、お時間がありましたら、ちゃんと弾が出て動く、
あじゃカスタムを生で見て下さいませ~。
とりあえず、次の大きな大会は、12月4日のアンリミテッド
になりますかね?
場所は、東京都産業貿易会館(台東館)で、
浅草でのブラックホールの会場と言えば分かりますでしょうか。

>レリーズの乗り上げは、
言葉で説明するのは難しかったので、やっと記事としてご説明出来て
よかったです。
今の海外製の金属パーツなどは、クリアランスとかもきっちり出ている
ようですが、当時のシェリフの技術では、これが限度だったのではないですかね?
(金型の関係もあるかもしれません)

電動ガンは実家なのですが、なぜか?シムのセットがこちらにありまして、
ワッシャーなどよりもぜんぜん薄いので、助かりましたぁ~♪

本戦で不調だったマガジンは、以前に練習中に床に落してしまった個体でして、
どこかが悪さをしてるのかもしれません。
ホルスターからの抜き撃ちではなく、普通に構えて撃つ分には問題ないので、
そのままにしているのですが、原因不明なので、大会とかではあんまり使いたく
ないですねぇ・・・(汗)
(新しいマガジン買うには、WAのマガジン高いし!)

引き続き、ブラゾスネタでお楽しみ下さい♪
Posted by 子連れ狼子連れ狼 at 2011年11月08日 21:53
うーむ、こんな落とし穴があったとは・・・勉強になります。
ステンレスになる前の黒いバルブロックレリーズは若干ストロークが短いので、そっちなら脱線しないのかなぁ~
Posted by あじゃ at 2011年11月15日 08:13
あじゃさん、

ど~も、どうも♪

古いタイプのモデルは、鉄製の黒いレリーズだったんですよね~。
家にもありましたので、比較したところ、確かにストロークが短い
ので脱線はしませんね。
ちょっと、レポ書いてみましたので今晩UPしま~す♪
Posted by 子連れ狼子連れ狼 at 2011年11月16日 22:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。