スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2012年02月10日

軽量パーツで・・・

いつだったか、WA渋谷店にパーツを買いに行った時、


4Fのサービスカウンターの脇の箱には、

程度のよい、とてもジャンクパーツとは言えない様な
パーツがあることがあります。
なので、ついつい余計な衝動買いをしてしまうのですが、


このお値段なら期待以上の収穫です。

フロント&リアサイトもなにも付いてはいませんが、
新品のような綺麗なスライドが、たったの300円!
『この値段でいいのでしょうか・・・?』と、かえって
申し訳ないくらいになってしまいます。

私好みの軽量なマルチロンスライドなので、(塔四郎さんとは
逆の道を行っております♪)また何か、軽量なガバを組んで
みたいですね。

しばらくは、放っておいたのですが、


こんなフレームが出てきたので、

これをベースに組んでみる事にしました。

パラのフレームなのですが、ABS製でした。パラは旧Rタイプの
時から初めからHW製しかないと思っていたので、この軽さには
ビックリしましたね。Rタイプ用のインナーシャーシ込みで、
重さは138gしかありません。
(多分、パラベースのレースガンがあったので、そのフレームかと)


同じく、

ハイキャパシティタイプのSVのシャーシだと、金属製という事もあり、
この状態のみでも、161gもあります。
ここに、グリップだ、ナンダと付けていくと、かなりの重さになります
よね~。

SV系も最近のスコットタイプのグリップだと角が取れて握り易いのですが、
ほとんど角があるグリップなので、手の小さい私だと、角を取ったり、
ハイグリップ出来るようにトリガーガード下を削ったりと、けっこうな
加工が必要になります。

パラのフレームは、同じハイキャパでも、始めから丸いグリップなので、
そのまま握っても、SV系よりはとても握りやすく感じますね。

なので、

軽量なマルチロンスライド+軽量なABSパラフレームで、
レースガンっぽくないような、タクティカルなガンを
作ってみることにしましたよ~♪


さて、どんな感じに仕上がりますか・・・

  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)パラ