スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2011年12月12日

アンリミテッドへの道(ブラゾス改修)

さてさて、

アンリミテッドでは、JSCに引き続き、ブラゾス・カスタムを
使用しました。

JSC、アンリミテッドと、2大会連続で同じ銃を使うのは、
今回が初めてです。
毎回、大会ごとにレースガンを用意しておりましたからねぇ・・・


で、

ありますが、

JSCの時より、ちょこっとだけ小改造致しました。

JSCでは、自分の好きな実銃をなるべくリアルに
トイガンで再現するのが通年の流れになっております。
今年も、カッコイイ、ブラゾスカスタムで撃てたので、
大満足であります。

しかし、スピードシューティングの道具として考えた時に、
手の小さい私には、ちょっと気になる部分がありましたので、
実践的な部分のみの改修を行いました。

そして、完成したのがコチラになります♪


一番目に付くのが、でっかいマグウェルでありますが、

これは、プローンバンパーと言って、プローン(伏せ撃ち)
の時のバンパーです。


あとは、

サムレストも付けました。


アンリミは、スピードシューティングのプレート競技なので、
プローンも、バリケードもないのですが、
JSCのあとに、ビアンキカップ形式のJANPSという
シューティングマッチがあり、それを意識してカップガンっぽく
仕上げてみました。


しかし、


今年1年ずっと撃ち込んできたので、

マグキャッチや、


アンビセフティーの

シルバー塗装は剥がれ落ち、


練習用のスライドも、

擦れるところは、樹脂の地が出ちゃっています。


いやぁ~

でも、今年1年、よくがんばってくれたと思います。
生みの親である、モデル工房Sさんも、あじゃさんも
ここまで使い倒していれば、喜んで下さるのではないでしょうか?

本来は、本番用のスライドに乗せ換えて、アンリミに臨むつもり
だったのですが、練習用のスライドがメカトラブル無く、調子よかった
のと、練習でほとんど撃っていないパーツを組んで実戦に出ると、
いざ本番で調子が悪くなる、というTakuさんのアドバイスもあったので、
あえて、練習用のスライドのまま、本番で撃ちました。


JSCやアンリミなどの、大きなシューティングマッチの大会に
出場するようになり数年経ちますが、最初から最後の1発まで、
全くメカトラブルや不調無く撃てたのは、今回が初めてです!

本来はそれが当たり前なのでしょうが、いつも違った銃をカスタムし、
性能よりも、まず実銃の再現を優先し、そのうえでシューティングでも
ちゃんと使えるように調整して行ったので、いっつも本番のトラブル
には悩まされておりました。

レースガンが調子よかったので、不安もなく、射撃のみに集中でき、
目標としていたタイムには届きませんでしたが、いいリズムで、
気持ちよく、最後まで撃ち切る事ができました。
練習では苦手だったステージも、思いのほか上手くまとまったのも
うれしかったですね。





  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(2)ブラゾス・カスタム