2011年11月30日

ブラゾス・カスタムへの道12 (スライド比較)

ではでは、


JSCで使用した本番用スライドと、

練習用のスライドを比較してみましょう♪


スライドサイドの、

穴あけ加工はどちらも行われております。

エアガンでは、この軽量化は実銃に比べれば微々たるものでしょうし、
実弾射撃による放熱の役目もありません。
でも、この穴あけ加工そのものが、ブラゾス・カスタムの象徴で
ありますので、たとえ練習用と言っても、外せませんよね~。


一方、

スライドトップは、セレーションを落して平らにしただけで、
ポート加工もせず、簡略化されています。


刻印の打ち直しもせず、そのままです。

練習で、このスライドサイドも擦れてきますので・・・


セレーションもSVそのままで、

加工は無しです。


ボーマーサイト部分もそのままです。

でも、サイトは付けずに、ヴァレリー工房さんの樹脂製の
軽量なスライドラッカーを付けました。


で、

組み込むと、こんな感じになる訳ですね~♪


実は、

もう1本、予備のスライドを製作していただいておりまして、
こちらは、塗装などをしてないのでそのままです。

結局、1本のスライドでなんとかもちましたので、
この予備のスライドを使用して、今年の10万HIT記念の
モデルを作ろうか・・・?、などと考えておりますよ~♪
(でも、あまり期待しないで下さいね~汗)




  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)ブラゾス・カスタム