2011年10月18日

JSC チームRタイプが撃つ!

さてさて、


こちらが、今回の第26回JSCに参加した、

『チーム(´ー`)Rタイプ』のメンバーです♪
皆さん、当日はお疲れ様でした!


よしむねさんが撃つ!

今年、一番シューティングのスキルが上達されたのが、
よしむねさんではないでしょうか?
フロンティアさんでのコソ練など、撃っている回数も
一番多いと思われます。

また、もとも空手の武道家でもあられるので、体の軸
芯がしっかりとしていてブレがないのが射撃にも効果的
に働いているのでしょう。


そんな、よしむねさんのレースガン。

マルイのハイキャパがベースです。
アキュコンプシステムを搭載ですが、主にグリップ周りが
ハイグリップ加工、ステッピングなど拘りのカスタムがされております。
トリガーガードが、あんまり薄くなりすぎて、今年も瞬着のお世話に
なったのは、ナイショです。


やまさんが撃つ!

昨年お渡しした、白いチームジャージが、なんと!違う色に
変わっていましたぁ~!ご自分で染めたそうで、言われないと
わからないくらい、綺麗に染まっておりましたよ~。

まりまりさんも、1日中の応援ありがとうございましたぁ♪


やまさんのレースガン。

あじゃカスタム製のタクティカルガンです。
独特なセレーションの形状やメルトダウンはあじゃさんの
ヤスリシコり技が炸裂です。サイトやグリップなど、
センスのいい実銃パーツはやまさんのチョイスです♪


ryochanさんが撃つ!

チームのエースであり、頼もしいお兄さん的な存在であります。
シューティングの知識も豊富で、的確なアドバイスなどは
とても参考になります。


ryochanさんのレースガン。

昨年のWAハイキャパから、今年はマルイのグロックアキュコンプ
システムに乗り換えての参戦です。当日のこのモデルに行き着く
までに、色々なパーツやモデルを試してみて、結局、このタイプ
に落ち着いたようです。

1年を通して、お気に入りの1丁をあれこれと悩みながら、
調整し、完成を目指すのも、銃のカスタムの醍醐味ですよね~♪


SEIJIさんが撃つ!

チームの副師範として、練習の日程調整から、皆さんへの連絡、
そして練習機材の製作まで、SEIJIさんなしでは、チームRタイプ
は活動が出来ませ~ん。

そして、大会の時は、奥様が朝早くからお手製の美味しいお弁当を
私たちの分まで作って下さり、感謝してもしきれませ~ん。

SEIJIさん&奥様、いつもありがとうございます♪


SEIJIさんのレースガン。

マルイのP226ベースですが、もはや別モデル?!です。

ダマスカス模様のスライドや、カラフルなスプラッシュペイント
のグリップなどに目が行きがちですが、シングルアクショントリガー、
ビーバーテールグリップセフティ、アンビセフティーの追加など、
機能的にみても使いやすく優れたカスタムがされております。

ついこの間までスライドに直付けだったダットサイトも、
横置きのCモアタイプに変更されておりました~。
こういった加工も簡単に行えるのがSEIJIさんの強みでもありますね♪


かぢやさんが撃つ!

チームの新人で、年齢も一番若いシューターさんです♪
もともとは精密射撃のシューターさんなのですが、
いつの間にか、スピードシューティングにも参加するように
なりましたぁ~。

うちに残っていた、最後のチームジャージを着て頂きました。


かぢやさんのレースガン。

見た目はカラーが変わったマルイの92Fにしか見えませんが、
中身は御自分で調整されていて、精密射撃のAPSもビックリな
性能をたたき出します!

本番では、マガジンの不調に見舞われたようです・・・


そして、


私、子連れ狼が撃つ!

練習では自分なりにいい感じで撃てていたのですが、
やっぱり本番は違いますねぇ~。
なかなかリズムに乗って撃てなかったです。

まぁ、当日の反省は後日にでも・・・(汗)


私のレースガンです。

ブラゾス・カスタムです♪

WAのハイキャパベースで、グリップはKSCのSTI製、
カスタムにはモデル工房Sさんや、あじゃさんの
お力をお借りしました~。
ありがとうございます♪

銃本体には異常なかったのですが、私もマガジンの
不調に泣きましたぁ~(涙)


こんな感じで、
皆さん、思い思いに銃をカスタムされて、
1丁として同じ銃はありません♪
『チームRタイプ』なんて名前が付いておりますが、
なにもWAの製品を使わなくちゃダメ!ということではなく、
『楽しく シューティングを♪』をモットーに活動しております。

ガチなシューターさんから見たら、お気楽で、マッタリに見える
かもしれませんが、そんなほんわかしたところがうちのチームの
よさだと思っています。

 『自分の好きな銃で、楽しくシューティングをする。』

まずは、ここから始めて、スピードを極めたり、精密射撃に挑んだり、
タクティカルに拘ったりと、色々な射撃にチャレンジして行けば
いいのではないでしょうかね?
銃の楽しみ方は色々あるとは思いますが、せっかく弾の出るトイガン
ですから、お座敷だけではもったいないです♪

皆さんもシューティングを楽しんでみませんか?





  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(6)JSC