2011年08月31日

TTHマッチ アクションコース

ではでは、


TTHマッチのアクションコースからご紹介。

(※TTHマッチは、女の子も楽しめるマッチです)


まずは、

壁の前に立ち、ナチュラルスタンスでスタンバイ。


スタートのブザーと共に、

撃ち始めます。(SEIJIさんが撃つ!)


こちらのマンターゲットにダブルタップ。

(※注 コース説明の時に撮影したもので、人に銃を
    向けてはイケマセン!)


そして、

反対側にもターゲットがあるので、(よしむねさんが撃つ!)


こちらにも、

ダブルタップで撃ちます。


基本的に、

マンターゲットは、IDPAで使われているものと同じで、

Aゾーン、Bゾーン、とか当たった場所によりタイムが
プラスされるので、しっかり狙って撃たないといけません。


バリケードから移動し、

次に待ち受けるのは・・・、


こちらもマンターゲット。

それぞれにダブルタップで撃ちます。

で、

今回のTTHマッチでアクションコースに限らず、
すべてのコースでそうだったのですが、マガジンへの
装弾数が10発、と決められており、必ずどこかで
マグチェンジをしないと、全ての的に当てることは
出来ませ~ん。
これは、なかなか白熱しました!
撃っていても、ギャラリーで見ていてもハラハラ
しますね~。


なので、

ここらへんで1回マグチェンジ。
ちゃんと、マガジンを落としても壊れないように、
クッション入り箱が用意されております♪


そして、

次のターゲットに向かいます。


こちらは、

ペッパーポッパーを2つ倒し、マンターゲットに
ダブルタップします。
(※小さいお子様は、倒れなくても当たればOKです)


そして、

目隠しの後ろにもターゲットがあり、


こちらの、

ペッパーポッパーも倒します。


真ん中にも目隠しがありますよ~。

お子様だとこんな感じで狙えますね。


狙った先には、

なんと!ペッパーが5枚連続で並んでおりました。


大人だと、

このようにかがまないと撃てません!
(※TTHマッチは、お子様に優しいマッチです)


5枚を倒したら、

移動し、


こちらの

ペッパー3枚を倒し、


最後に、

ストッププレートを撃つとタイムが止まり終了となります。

この後、ターゲットの着弾から採点し、タイムが加算されたりします。

と、

こんな感じなのですが、かなりの動きがあるコースですよね?
ちゃんと狙わないといけないし、マグチェンもしなきゃだし、
ゆっくり撃っていると、時間が過ぎて行くしで、かなりやりがいのある
コース設定ですよね♪


分かり辛いので、こちらの動画もご覧下さい♪

スピードシューティングでは、トップシューターでもある、
サメシマ選手のシュートです。

シューティングも、マグチェンも、止まらずに流れるような
動きが凄いです!しかも、超っ早!

もちろん、普通の人はこんなに早くは撃てませ~ん(涙)


  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(4)TTHマッチ