2011年07月23日

TUFF ステイジバッグ(金属パーツ)

ステイジバッグですが、

本体に使われているのは丈夫なコーデュラーナイロン。

生地の硬さだけでなく、しなやかさも持ち合わせております。


そして、

こちらが日本が世界に誇る、「YKK」。

ちなみに、YKKって、「吉田工業株式会社」の略だって知ってました?


では、

関係ないけど、「JAL」とは?


A:答え 「J」(上智)、「A」(青山)、「L」(立教)、の
      キリスト教系のカワイイ女子大生の事。
      (ホントか?!)

基本的に、ミッション系の女子大生って、可愛さの
レベルが高いのはホントですよ~♪
(ここ出身の女子アナも多いです。)


さてさて、


こちらは、

ショルダーストラップ。


ナス環の部分は、

金属製です。


もちろん、

受けのD環も金属の輪。


金属同士で、

ガッチリと取り付けです。

最近のバックやベルトなどの取り付け部分は丈夫ではありますが、
プラ製が多いですよね~。
(レプリカ製品では、フックも、リングもどちらもプラ製であります)
そんななか、あえて金属製を使うあたりにやっぱり「TUFF」
に対する拘りが感じられます。
また、塗装ではなく、クロームメッキ?のような処理なので、
擦れたりしての剥がれにも強いと思われます。

(WAの亜鉛パーツもコレくらいの処理を希望♪)



  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(2)TUFF