2011年07月09日

TUFF ステイジバッグ(インナーパッド)

ステイジバッグの特徴のひとつが、


このインナーパッドです♪

本体から外すことができます。
取り付けはベルクロで簡単に装着できます。
(レプリカ製品では、ここは一体形になっていて、
取り外しは出来ません・・・)


通常のソフトタイプのGUNケースと比べてみましょう。

こちらはふだん愛用しているウィルソンのケースですが、


TUFFでは、上の部分が丸く加工されているのが、

分かりますでしょうか?


これは、

レースガンなどのダットサイト付きの銃の場合、
画像ではコンパクトなC-モアですが、チューブタイプや
ビアンキのムーバー用にスティックシフトなどが付いていると、
さらに高さが増すので、その対策のためなんですね~


そして、内部でも、

マチがだいぶ幅広くあります。


これも、

ビアンキで、プローンで撃つ時なんかにグリップに
大型のマグファンネルを付けちゃうと、


通常のソフトタイプだと、

マチがないので、


太くなったグリップで、

ジッパーが閉まらなくなっちゃうからなんですね~


TUFFではしっかりと余裕のあるマチなので、

すんなりと収納出来ます♪


GUNの、

高さも厚さも考えられた、収納力の高いインナーパッドなのであります!

(レプリカ製品は、インナーパッドは取り外しできませんが、
内側の生地が、起毛されている別布になっていて、
GUNなどに傷が付かないようになっています)

  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(2)TUFF