2012年03月13日

BODYGUARD 380

虚空さんから頂いたエアコキ、

コチラです♪

ビみょ~に実銃のイイとこ取りの中華ガンと違って、
韓国製のトイガンは、実銃を再現しているところが
多いので安心できます。


どうも、

マークを見ると、『S&W』のモデルのようなのですが、
はたして、カタログに載ってるでしょうか・・・?


ほれっ、

ありましたよ~♪

しかも、Tangoさん、ryochanさんから頂いた、先日の
US.ショットショー土産の最新カタログに。


しかも、

カタログの写真とそっくり! 細部まで良く出来ています。


と、

言う事で、


あらためてご紹介、

S&W 『BODYGUARD 380』であります。

今のご時世、『ボディーガード』と言えば、
Jフレームのチーフベースだけでなく、
オートもあるのですねぇ。


反対側も、

非常にスッキリとしております。


スライドには、

S&Wのトレードマークと、


モデル名の、

『BODYGUARD 380』の刻印もちゃんと入っています。


エアコキなので、

ダミーですが、レーザーも再現されています。


ちなみに、

スイッチはアンビです。
(実銃だったら、このように光るハズ)


レバー類は、1列に並んでいます。

向かって左側から、テイクダウンレバー、スライドストップ、
セフティーですかね?


レバー類も、

ダミーなのですが、


唯一、

ここだけは動きます。トイガン用のセフティで、この状態で
トリガーをロックします。


スライド反対側の刻印も、

実銃同様、しっかりと入っています。


ボディーガードゆえなのか、

かろうじてコックできそうな、小ぶりなハンマーも
再現されています。(もちろんダミーです)


フロントサイト、



リアサイト共に、

綺麗に再現されています。


グリップも、S&Wマークがあり、

シボ加工もそれとな~く再現。

しかし、手の小さい私でもグリップすると、小指は
マグバンパーにすら引っかかりませ~ん!



マガジンは、

実銃ですと、6+1の装弾数なのですが、
トイガンですから、もっと入ります。


BB弾が、

8発装弾可能です。


しかも、

このマガジン、


リザーブタンクを

備えているので、


ジャラジャラ、

弾が入ります。


いっぱい詰め込むと、

50発以上入りましたぁ~!


マガジン内の、

8発を撃ち終えたら、


マガジンフォロアーを、

下まで下げてロックします。


あとは、

マガジンを逆さまにして、


カシャカシャと、

振ると、


リザーブタンクから、

BB弾が出てきます。


満タンになったら、

フォロアーを戻して装填完了です♪


あまりにリアルなためか?!

アメリカへの輸出対策か、アウターがオレンジなのはご愛嬌。


一応、

HOP付きなので、弾速は遅いですが、綺麗にフラットに飛びます。
(※0.2gで、~7mくらいは)


同じ.380でも、

随分と印象が違いますね。

  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(10)チープガン