2011年11月08日

ハラがコレなんで

いやぁ~、

1年ぶり?!くらいに、映画館に行って映画みてきましたぁ♪

モチロン、

私のことですから、仲ちゃんの映画です。(笑)


こちらの、

『ハラがコレなんで』♪

この前に、『モテキ』という映画があったのですが、
プロモーション的には、4人のヒロインのひとりっぽく見えるのですが、
映画での登場時間は、合計5分くらいで、内容もひたすら仲ちゃんが胸を
主人公の森山くんに揉まれているということなので、見に行ってません(汗)

舞台挨拶のある初日に行きたかったのですが、
土曜日は仕事のため、翌日の日曜日、フロンティアさんでの練習会の前に
行ってきましたぁ♪

しかし、

東京都内でも、上映している劇場が4館しかなくってビックリしました!
(※虚空さん、長野では今のところ上映未定です・・・ゴメンなさい)


そのなかの、新宿の劇場(新宿武蔵野館)で見てきました。

劇場のある3階で降りたら、大きなハッピ型の看板がお出迎え~。

84席しかないので、満席です(汗)。
早めに劇場に着いて(1時間以上前)、入場のための整理券を
ゲットしておいてよかったぉ。

妊娠9ヶ月。家も金もなくてダンナもいない。
でも、自分のことより他人のこと。みんなを元気にする、
最高に“粋”な妊婦ヒーロー誕生!

というのが、この映画なのでありますが、
パワフルな妊婦さんが、とにかく人のために一生懸命で、
義理・人情を大切にする粋な女性を仲ちゃんが演じております♪


韓国の釜山で開催された第16回釜山国際映画祭にて。

石井裕也監督(左)仲里依紗ちゃん(中央)、石橋凌さん(右)です。

舞台が終わってからすぐの訪韓だったので、体中に出来たアザを
隠すためにスカートの下は生足じゃありませ~ん。

石井裕也監督(若いっ!仲ちゃんと同じ20代!)の映画は初めて見ました。
監督を知らない方でも、今現在、若手実力派ナンバーワン女優の
『満島ひかり』さんのダンナさん、と言えば分かりますかね?


こちらは、

第24回東京国際映画祭のオープニングイベントでの画像です♪


この映画では、

石橋凌さんがいい味を出しておりました。
不器用で義理堅い男性を演じておりましたが、これがイイんです♪

石橋凌さんだけでなく、他のキャストの方もいいですよ~。
ポスターやチラシだけ見ると、確かに仲ちゃんが主役の映画なのですが、
脇役の方のキャラクターも演じる俳優さんのよさを引き出していて、
それぞれの人間模様が描かれております。
なので、脇が主役を盛り立てるために演じるのではなくって、
主役の妊婦さんに、いい意味で振り回される周りの人々の
人間ドラマ?っといった感じでしょうかね?

過剰でオーバーな演技があるわけでもないのですが、
妊婦の仲ちゃんとのやり取りや、なにげない会話や間が可笑しくて、
大爆笑はないにしても、映画の所々で、クスクス笑いや、フフッっといった
細かい笑いの絶えない映画でありましたよ~。

主役の『個』に拘った映画ではなく、温かい人間ドラマの映画ですので、
仲ちゃんのファンではなくても、お勧めの映画であります。
粋か粋じゃないかで、物事を進められたらたまったものではないですが、
今の日本から消えつつある、こういった日本のあるべき良き姿を通して、
あったかい気持ちになったり、元気をもらえるんじゃないかと思います。

ファンとしては、
撮影は丁度1年前くらいから3.11前までで、今の痩せてしまった
仲ちゃんではなく、私好みのぽっちゃりした仲ちゃんが拝めます♪
映画の後半では、福島が出てくるのですが、福島で撮影していた皆さんは
その後の震災を考えると、感慨深いものがあるに違いありません。
映画を通して、被災地にも元気を届けられたら・・・といった、隠喩的な
ことも想っちゃったりしました。


ぜひ、劇場まで足を運んでご覧になって下さいませ♪




  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)映画

2011年08月24日

~世界の写装から~

世界の写装から、

今晩は韓国からお送りします。(ナレーション by石〇謙二郎)

ということで、始まりましたが、ミリネタもここまでです(爆!)


写装、というよりも、上の↑制服を着ている方のご紹介です。

『キム・ハヌル』さん。

韓国を代表するトップ女優です。


え~、
先日、某塔四郎さんとこの掲示板で、(全然『某』じゃないし!)

某星人さんが書き込みをされているのを見て、懐かしく昔の作品を
思い出してしまいました。


初めて見たのは、

この、『彼女を信じないでください』だったかな?


クォン・サンウと共演の、

『同い年の家庭教師』もそうなのですが、
コメディー映画がはまり役で、当時、あの『猟奇的な彼女』につぐ
歴代2位の観客動員数を樹立しました。
これらの映画で、コメディエンヌの地位を築きましたね~。

ちなみにこの映画、実話を元にしていて、主人公のモデル
になった人物は、ヨーロッパに留学していて、自分の事が
映画になったことも知らなかったとか。


しかし、

韓国版と、


日本語版で、

映画のポスターやDVDのジャケ写の雰囲気が違うので、
見比べると、面白いです。


3年後には、

またクォン・サンウと『青春漫画』で共演。
(これはまだ見ていません・・・汗)

韓国の女優さんて、とっても綺麗でへたすると近づきがたい
雰囲気があるのですが、ハヌルさんは、その演じる田舎くさい
キャラクターのせいか、親近感を感じさせる方でありますね。
すぐ近くにいるお姉さん的存在?
(凄っい美人!、って訳でもないし)


そんな、ラブコメの印象の強い彼女ですが、


私がお薦めするのは、

こちらの、『氷雨』です。(原題でも氷雨って書いてあるのね)

韓国初の本格山岳映画です。
こちらは、見ての通り、ふたりの男性のあいだで揺れ動く
女性をしっとりと、見事に演じています。
コメディなしのシリアスな作品なのですが、彼女本来が
持っているほんわかした明るいキャラが、作品をやさしい
雰囲気にしております。
その分、話が進んでくるとその切なさが痛く伝わって来るのですが。
私は初めて見た時、2回泣いたのはナイショです(笑)
撮影時は、熱烈なベッドシーンを演じたらしいのですが、
公開時には、ほとんどがカットされていて悲しいです(涙)

ちなみに裏話ですが、共演した、ソン・スンホンですが、
(画像向かって、右の人)
兵役を拒否したため、決まっていたドラマを降板させられました。
そのドラマとは、『悲しき恋歌』です。日本でもヒットしましたよね。
そしてソン・スンホンの代わりに主人公を演じたのが、
なんと!クォン・サンウなのですね~。
いやぁ、なんか因縁があるのかな?(ないよね)


どうですか?
てるぱさん、まだご覧になってなければぜひ~
夏の暑い夜には、見た目だけでも寒い冬の映画を・・・
(あっ!『某』じゃなかった!)

逃げっ

  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(9)映画