2011年09月09日

JM グリップ

こちらが、


アノ、

JMグリップになります。

このグリップ無しでは、あじゃさんにお願いしたM327JMモデル
は完成しませんもんね~。


米国より取り寄せた(て頂いた)本物ですよ~

う~ん、素晴らしい♪


M327はNフレームを使う大きなリボルバーなのですが、

このグリップ自体は、Kフレームのグリップくらいの
大きさしかありません。

しかも、あちこちがラウンドで面取りされているので、
驚くほど握りやすいのです。


木目も綺麗ですね~

一体成型?のように見えるのですが、


実は、

左右の張り合わせです。


グリップの内側の溝がこんなですから、

一体成型はムリですよね~。


小さいだけでなく、

非常に薄く出来ています。


この丸っこい、

お尻がなんとも言えません♪


引っかかりがどこにもないので、

握りやすく、ホルスターからもドローしやすいです。

ただ、あまりに表面がツルツルしていて、チェッカリングもないので、
いつ吹っ飛ばすか不安でもあります(汗)

そのためでしょうか?
グリップの下にランヤードリングを止めるための穴があるのは。
(違うって!)


惜しまれるのは、
パフォーマンスセンターの完成品にはある、
『JM』の刻印が、グリップにないことですかね~。
ガバの木グリの裏側で、スクリムショウで彫ってみたのですが、
縁がぼやけてしまって、シャープに刻印が出来ませんでした。
いつか、レーザー刻印にて再現し、完全版を目指したいと思います♪


  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(2)M327

2011年09月08日

M327 シリンダーカスタム

実は、


予備マグならぬ、

予備シリンダーが欲しくて、もう1丁、M327を入手してしまいましたぁ。

まぁ、本体も予備のパーツ取りに使えますしね。


さてさて、

タナカのペガサスのリボルバーをお持ちの方は多いと
思いますが、シリンダーを本体からテイクダウンして、
シリンダーを回すと、モデルガンのように、
「チャァァァァァ~!」って、スムーズに回らない事が
多くないですか?
(モデルにもよると思うのですが 汗)

今回は、そのシリンダーを気持ちよく回すためのカスタムです♪
これは、S&W教のnaoさんから伝授して頂いた技になります。
ありがとうございます!

使う道具は、ラチェット(ダミーカートのお尻が付いてるフタ)
のネジを外すためのドライバーと、ラジオペンチがあればOKです。


ではでは、
行きますよ~


まずは、このように、

ネジを外し、ラチェットを剥がします。

真ん中のプランジャーに、小さなスプリングがありますよね?
このスプリングのテンションで、

こちらのロッキングプランジャーが、

フレーム本体にシリンダーが納まった時に、シリンダーを
ロックするのであります。


このスプリングのテンションが、

モデルによっては強すぎて、シリンダーを回した時の抵抗に
なっているのですね。


なので、このスプリングをカットします。

だいたい、1巻き分くらいでしょうか?
(※私はちょっと切り過ぎたので、伸ばして戻しています 汗)
小さなスプリングなので、ラジオペンチで簡単にカットできます。


スプリングをシリンダーに戻すとこれくらい?

完全にシリンダーの中にスプリングが潜ってしまう長さだと、
テンションが弱いと思います。


テンションが弱いと、

シリンダーがフレームに戻った時、ノッカーの横にある、
銀色のボルトが後ろに下がらず、


ボルトと繋がっている、

サムピースも戻らないので、


トリガーを引くことが出来ません。

つまり、シリンダーを戻しても撃つ事が出来なくなってしまいます。


ちゃんと、

シルバーのボルトを下げられるくらいのテンションを残しておかないと
いくらシリンダーが綺麗に回っても、作動不良になってしまうので、
様子を見ながらカットして下さいね~。


でも、
ちゃんと調整すれば、驚くほどスムーズにシリンダーが回り、
感動モノです!


ではでは、

カスタム前と後のスムーズさを動画でどうぞ♪



  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(6)M327

2011年08月29日

M327 M&P

さてさて、

こちらが、

あじゃさんにカスタムして頂いた前のベースになるのですが、


タナカのペガサスの、S&W M327 M&Pになります。

元々の所有者さんは、エングレ倶楽部の一員でもある、
KINさんがお持ちの物でした。
今回の震災で、大変な被害に遭われ、こんな私でも
少しでもお役に立てば・・・と思い、チャリテー目的で
入手した物になります。

もともとリボルバーは、S&Wモデルしか買ったことのない私
ですので、新たなモデルが入手出来て、うれしかったです♪


バレル長は、

リボルバーではあんまり見ない、5インチモデルです。
その下に、付いているアンダーレールが、タクティカルな雰囲気を
醸し出していますね~。


バレルの反対側に、

『8』の文字の刻印があるように、


コリは、

8連発のリボルバーです。
リアル装弾で撃っても、5枚のプレート撃つのに、
3発までは外せるので、
(こらこら~、撃つ前から外すこと考えちゃらめぇ~!)
シングルスタックのガバと変わらないですね。


M29などのNサイズのフレームに、

357マグナム弾を装填しているので、
シリンダーとバレルとの隙間が多く、
よってフォーシングコーンも長めですね。


バレルの上面には、

ネジ穴があり、


マウントベースを装着し、

ダットなどを乗せることも可能です。

なんとも、まぁ、

タクティカルな佇まいなわけなのですが、
個人的にはリボルバーは、曲線の優雅さが
醸し出す美しさが、好きでありまして、
これはちょっと行き過ぎている感じがしますね。

でも、リボルバーで8連発は魅力的だし、
ペガサスシステムで、5インチクラスの
バレルとなれば、5m前後のプレート競技では、
なんとか使えるかなぁ?というレベルでしょうか?

もともと、
シューティングを始めたキッカケが、
『(性能よりも)自分の好きな銃で撃ってみたい!』
という思いからはじめたので、あんな銃や、こんな銃で、
大きな大会にも参加しておりますが、
『いつかはリボルバーで・・・』という思いも
ずっと前からあります。
本当は、カート式のリボで出場するのが、『漢』(おとこ)
なのでしょうが、ヘタレな私ですので、ペガサスで勘弁を(汗)

で、

8連発のリボで、
自分の好きな銃となると、
アレになる訳ですが、

内部は弄れても、あの外観のカスタムは無理ぃ~!

そんな時に、あじゃさんが、ガバだけでなく、
リボルバーのカスタムを(しかもカッコよく!)
カスタムされているのを見て、
(おぉ~!あじゃさんの今の技術ならいけるのでは?)
と思いました。

でも、切ったりする短いカスタムや、
シコシコ削って整形のカスタムとは真逆なカスタムに
なるので、カスタムの完成画像見せたらあじゃさん、
絶対、引いちゃうな~と。

なので、
とりあえず、銃本体をお持ちしたのですが、
「バレルのレールカットして、ハンマーはダブルアクション
オンリーで・・・」などと、いかにも簡単に出来そうな
ことを言っておいて、後ほどカスタムの画像をお送りして
「全然違うジャ~ん!」という時限爆弾的な依頼になって
しまって、申し訳ありません・・・

しかし、
それが逆に、あじゃさんの「やってやるぜっ!」という
カスタム魂に火をつけてしまったようで、見事!カスタム
完成とあいなりました♪

あじゃさん、

いつも いつも ありがとうございます!










  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(6)M327

2011年08月22日

JM キタ━━━(゚∀゚)

え~、

こちらは、

タナカの新製品?!

ではありませ~ん。

もうすでに、あじゃさんのところでご覧になっている方も
多いでしょうが、カスタムを依頼しておりましたリボが、
我が家にやって来ましたぁ~♪

刻印は、モデル工房Sさんに打って頂きましたし、
見た目はメーカーの製品レベルの仕上がりであります!


せっかくなので、

S&Wの純正ガンケースと一緒に撮ってみました。


う~ん、

実銃マニュアルや、オイルシートなどの付属品と撮ると、
実銃にしか見えないかも?!

(※でもちゃんとした樹脂製のオモチャなのですが~)

撃つのもったいない、とか言っておきながら、
シューティングデビューしちゃいましたぁ♪

  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(6)M327