2011年06月30日

きぃさんのミルスペック その7(フレーム側)

さてさて、


あとは、フレーム側のカスタムだけなのですが、

染めパーツてんこ盛りで、素晴らしく、私の出る幕はありません。


なので、

見えないところではありますが、


「これイイWA」にて、

トリガーのストローク調整だけ行ないましたぁ。


これで、トリガーの飛び出し量が少なくなり、

トリガーのストロークが短くなります♪


と、いうことでありまして、

お預かりしたうちの1丁、ミルスペックの完成です♪

そこそこリコイルはありますが、ノーマルの時のような
暴れん坊なリコイルショックではなく、十分コントロール
出来る範囲に抑えました。

HOPも基本はVer.3の固定HOPなので、0.2gだとちょっと
浮き気味になるかもしれませんが、0.25gくらいだと丁度
いいのではないでしょうか?
しっかりとHOPもかかるので、遠距離での射撃も可能です。


ではでは、

次回は、もう1丁のガバカスタムでお会いしましょう♪



  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)ミルスペック

2011年06月29日

きぃさんのミルスペック その6(リコイルスプリングガイド)

シューティング用に、

リコイルスプリングも、換えていきます。


純正では、

こちらの亜鉛の塊りのガイドなのですが、


こちらのバッファー付きのガイドに換えます♪

中にスプリングが内臓されていて、ブローバックの衝撃を吸収します。

・・・しかし、

この『赤い』バッファーラバーって、なんか性能的に意味あるんでしょうか?
(3倍吸収するとか?)赤いチャンバーパッキンもありますよねぇ?


あとは、

スライドストップがかからないようにするため、
(スライドの動きを早くするためです)


通常はアウターバレルのガタ取りに使う、

バレル・ジョイントをスペーサーとして使います。


これで、

スライドはここまでしか下がらないので、


スライドストップはかかりません。

これならスライドのノッチも減りませんね。

また、バレル・ジョイントを外せばスライドストップはかかるので、
シューティングマッチのレギュレーションにも対応出来ます♪


:追記:


本当は、

画像手前のマグナテックの溝のないスライドストップがあれば
よかったんですけど、本山でも在庫切れでした・・・(トホホ)


  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(4)ミルスペック

2011年06月27日

きぃさんのミルスペック その5(アウターバレル)

さてさて、


きぃさんのミルスペックなのですが、

Jアーモリーがべースなので、アウターバレルはアルミ製でした。
それを画像下のアウターに換えます。


アルミ製は、

12gと軽量なのですが、シューティング用だからと言って、
なんでもかんでも軽くすればいいというものでもありません。

アウターなどの前側が軽いと、その分リコイルでマズルジャンプ
が大きくなってしまうので、重いアウターの方が、ウェイトの
役目を果たし、リコイルも軽く感じます。


なので、

こちらの真鍮製のアウターに変えました。
37gと、アルミの3倍以上重さがあるので、
効果もバッチリ体感できます♪


チャンバーカバーも、

はじめから、きぃさんの方で染め仕上げのメタル製が組み込まれて
いたので、さらにウェイトは増えますね~。


うん、

バレル部分で、これだけ重ければ十分でしょう。


ということで、

バレルまわりは完成です。


スライドを引いても、

インナーバレルが黒いので、統一感がありますね~♪


  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)ミルスペック

2011年06月24日

きぃさんのミルスペック その4(インナーバレル)

さてさて、


インナーバレルは、

こちらのVer.3の強い固定HOPなので、弱めて行きたいと
思います。


と、言っても、

このホップ・アジャスターを外すだけなのですが(汗)


これで、

HOPチャンバーに余計なテンションがかかっていないので、
HOPは弱まります。

ただ、この状態だと↑、BB弾の保持が弱くなってしまうので、
エンジンがそのままだと、フローティングバルブに押されて、
スライドが戻った時に、BB弾がチャンバーからこぼれてしまいます。
なので、エンジンを負圧化したのには、この弾ポロを防ぐ意味も
あったんですね~。


せっかく全てのパーツが『黒』で統一されていたので、

ここも加工しました。


加工と言っても、

ただブルーイングしただけなのですが・・・(汗)


バレル・ウエイトには、

アウターバレルとのガタ取りのために薄いテープを巻いています。


いんじゃないでしょうか?

アウターから金色の真鍮が見えないので・・・


次回は、そのアウターバレルです♪


  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)ミルスペック

2011年06月23日

きぃさんのミルスペック その3(エンジン)

こちら、


ハイスペックのブリーチと、Rタイプのブリーチです。
(SCWと、パーフェクトバージョン、という言い方を
 する時もありますね・・・)


画像のように、

ハイスペックエンジンの方が、シリンダー容量が多いので、


ローディングノズルを比べると、

こんなにも長さが違います。


試しに、

Rタイプのブリーチに、ハイスペックのローディングノズルを、


差し込むと、

こんなに飛び出たままで、奥まで入りませ~ん。

それだけ、ブローバック(後ろ側)に流れるガスの量が
多いので、たとえ軽いABSスライドでもかなりの暴れん坊
になる訳ですね。
もともと、重いHWスライドを快調にすばやく動かすための
エンジンがハイスペックなので、ABSスライドでは、その
パワーを持て余しているような状態ではないでしょうかね?

シューティングの大会でも、SVやハイキャパを使用の選手は、
ほぼ旧型のRタイプエンジンで挑んでおります。


通常は、

このような中身なのですが、


さらにリコイルを軽くするため、

負圧化しました。これで、よりマイルドなリコイルになります。


フローティングバルブが飛び出ていないので、

チャンバーからの弾ポロ対策も兼ねております♪


:追記:

え~、

コメントを下さった、トモさんが、Rタイプエンジンではガスが漏れるだけで
作動しなかったとの事ですので、ちょっと考えられる原因をUPしてみます♪


フローティングバルブには、

ゴムの別パーツが付いているRタイプのものと、
一対型のハイスペックのものがあります。
よく見ると、Rタイプの方が根元の軸が太いです。


なので、

バルブが下がると、この穴に軸がハマってしまって、


バルブが外れない事があるかもしれません。

突き刺さったままだと、前にガスが垂れ流し状態になり、
上手く作動しないのかもしれません・・・


なので、

軸の細い、ハイスペックの一対型のフローティングバルブの方が
スムーズに動くので、ちゃんと作動すると思います。


どうでしょうかね・・・?

違う事が原因かもしれませんが・・・(汗)



:さらに追記!:


むむむ・・・?


あとは、後ろ側へもスムーズにガスが流れるように、

ここの穴を、


エイヤ~!っと、

広げてあげて、前と同時に後ろにもガスが流れるようにするとか?


これでもダメだと、やっぱり柔らかいスプリングがいりますかね・・・



  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(14)ミルスペック

2011年06月22日

きぃさんのミルスペック その2(スライド)

きぃさんのミルスペックですが、


もとは、

Jアーモリーのスライドなので、ABS製です。


重さを量ってみました。

40g。軽っ!
これならシューティング向けですね。

まずは、シューティングで、次々とターゲットを狙いやすい
ように、リコイルを少なくするカスタムをしていく訳ですが、
このミルスペックのスライドの形状を生かした形で進めたいと
思います♪


何度かお伝えしていますが、

ミルスペックのスライドの裏側は、ハイスペックエンジン
でありながら、溝の切り欠きが、Rタイプエンジンの形状と
同じなんですね~


しかも、

ここに爪状の出っ張りがあるので、


Rタイプのブリーチを突っ込んで、

ネジ止めなどをしなくても、爪に引っかかって、
ブリーチが外れることもありません。


ローディングノズルから生えている足も、

スライドの内側の溝に沿って動くので、作動も快調です♪


次回は、
このRタイプエンジンの中身で~す。
  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)ミルスペック

2011年06月20日

きぃさんのミルスペック

さてさて、


きぃさんよりお預かりしたうちの1丁は、

コチラになります♪
Jアーモリーのミルスペックがベースのガバです。


スライドは、

軽量なABSスライドを使用しています。


逆に、フレーム側は、

HW製です。


つまり、軽いスライドを使用し、リコイルで銃が暴れないように、
下のフレーム側は重いHW製にするという、シューティング向け
な組み合わせでありますね~。


きぃさんは、家にあった適当なパーツで組み上げたとか言っていましたが、

パーツはどれも染め仕上げの綺麗なパーツばかりです!


しかも、

ハンマー&シアーは、WA純正カスタムパーツの
ステンレス製ロストワックスパーツが組み込んであります。

このハンマーは私も使っていますが、キレがとてもいいですね♪


グリップはヘレッツのチェッカーグリップで滑りにくく、

ハウジングもストレートなので、握りやすいです。


スライドやフレーム、パーツ類も全てブラックで統一され、
あまりミリガバの雰囲気を崩さないように、ロンリコや
アンビセフティなど、できるだけ派手目なカスタムパーツは
控えられています。
まさに、プロの使うツールのような感じですね♪
見た目はすでに完成されております。

実際に撃ってみると、ABSスライドなので、ブローバックの
スピードは早いのですが、とにかく暴れん坊なじゃじゃ馬な
リコイルです。
きぃさんからのご依頼は、シューティングで使えるガバ、
との事でした。

了解であります!


『オーダー、

リコイルが強くなく、HOPも強くないシューティングカスタムぅ~♪』


と、

いうことで、カスタムしていきたいと思います。







  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)ミルスペック