2011年11月10日

ジーク!

ジークです。

じ~く、ではありません。(笑)

T館長様や、オビさん、てるぱさんなどがお持ちの、
超高級真鍮削り出しの逸品には、いつも『ギリギリギリぃ~!』と、
悔しい歯軋りをしていたのですが、とうとう我が家にも、
ジークの削り出しの製品がやって来ましたぁ♪


それがコチラです♪

って、

『これ、スライドとかフレームじゃないじゃん!』、
とかのツッコミはなしで・・・(汗)

だって、そんなに高いもの、買えないも~ん(涙)


え~と、

こちらの商品になりますね。

WAのガバのマガジン用のバルブロックになります♪
スティール削りだしで作られたカスタムパーツです。
これでも、一応、ジーク製なのでいいですよね?


WA純正との比較です。

向かって左側がWA純正、
向かって右側がジーク製です。

見た目の違いは、チョコッとありますが、


基本的には同じです。

純正よりも省略されている部分もありますが、
機能には全く問題ありません。


ここですね、

レールを覆う溝の部分が短くなっております。


なんで、こんなカスタムパーツが出てきたかと言うと、

WA独自のマガジンのシステムのおかげで、バルブロックの
この部分が、バルブと擦れて減ってきちゃうからなんですね。
最近のバルブはステンレス製ですが、純正のバルブロックは
亜鉛製なので、素材として柔らかい亜鉛の方が削れてくる、
ということでありますね~。

では、ステンレスのバルブと、スティールのバルブロックだと、
どちらが先にヘタってくるのでしょうかね?
これは、知~らないっと。


さてさて、マガジンのこの部分なのですが、

シングルのマガジンでは、バルブロックのバルブと擦れる部分は
平らなのですが、


ハイキャパのマガジンだと、

このように、バルブの形状に沿って、はじめから削ってあります。
なんででしょうかね?


削ってある、ということは、

それだけバルブロックがより上に上がる、ということです。
ハイキャパのフレームの部分は、インナーシャーシとグリップ部分に
分かれます。
なので、フレーム一体型のシングルガバと比べると、マガジンの取り付け位置
に若干の遊びがあります。つまり、マガジンが入っていても、
位置が下過ぎて、バルブロックが、バルブロックレリーズを押し上げない
のかもしれません。

このため、ちゃんとバルブロックがレリーズを押し上げるように、
より上に上がるよう、削られたのですかね。


さてさて、
そこを踏まえてなのですが、
私のブラゾス・カスタムは、WAのシャーシにKSCのSTIグリップ、
という組み合わせなので、マガジンをグリップに挿入すると、とっても
キツクて、気持ちいいっ♪です。

じゃ、なくってホントにきついので、マガジンがしっかりと固定されます。
そのため、遊びがなくなって、バルブロックレリーズが下からスライドを
押し上げすぎて、スライドがロックする作動不良が起きたのかもしれませんね。


ジークのバルブロックを付けてみたら、

作動不良は皆無でした。

ただ、ジークの性能、というよりは、シングル用のバルブロックレリーズの
ストロークが丁度よかったということのだけかもしれませんので、
この製品を組み込んだからといって、全てのマガジンが調子よくなる
訳ではありませんので・・・



  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(2)マガジン

2011年06月14日

間違い探し

さて、

突然ですが問題です。


Q:下の画像で、WA純正じゃないマグバンパーはどれでしょう?








A:答え


こちらは、

GSRに付いてたモノ。


マコーミックタイプは、

FBIビューローとかに付いていますね。


一番使い慣れている、

ウィルソンタイプ。家の中では一番多いかも。


じゃぁ、

このゴム製のヤツ?

これもれっきとしたメーカー純正のカスタムパーツです。
(ウエスタンアームズって書いてあるし)


ノーマルのマガジンベースに両面テープかなにかで貼るのですが、

ちゃんとネジ止めされているタイプもあります。


と、


いうことで、


残ったコチラなのですが、

いったいなんなんでしょうかね?
素材も特殊っぽいし。


形状は、

ウィルソンタイプと似ていますね。


ひっくり返してみると、

やっぱりウィルソンだぁ。


ん?


でも表面に・・・


チェッカリングが刻まれているゼっ!

こ、これは滑りにくそう・・・


こうしてみると、

ウィルソンの薄いタイプのようですね。
横に文字が書いてあるようだけど、カメラのレンズが曇ったかな?


ゴシゴシ


ん?

コ、これはっ!


な、何ぃ~!

「TEAM (´ー`)R TYPE」・・・だと!?


そうなんです、

ウィルソンタイプをベースに、G10素材でモデル工房Sさんに、
マグバンパーを製作して頂きましたぁ~!

凄い!

グリップとかはあるけど、G10製のマグバンパーって、
世界初じゃないですかね~?


なんで、

ウィルソンタイプがあるのにわざわざ薄くしたかと言うと、


マグバンパーの厚みで、

ガス缶によってはノズルが短くてガスを注入出来ませ~ん(涙)


でも、

このように薄くすれば、タナカのペガサス用の注入アダプターを
使わなくても、どんなガス缶でもOKです♪


使いやすいウィルソンタイプで、

表面にチェッカリングを入れたので滑りにくくなりました。


横のチームのロゴも、

ただの飾りではなく、G10素材の硬さにより文字のエッジがシャープで
鋭いので、これも滑り止めのひとつなんですね~。

しかも、丈夫なG10材ですから、
マガジン落として本体が壊れても、マグバンパーは壊れることがありません。
それくらい丈夫です。(そ、それって意味あんのか?)

つ、つまり、
マガジンは壊れてもバンパーはずっと使い続けられるっちゅ~事ですね♪


逆に、

以前、naoさんから頂いた縞黒檀のマグバンパーは、
絶ぇ~対っに、落としてはならない代物です(汗)



スピードシューティング用に、

5個ありますので、1ステージで5本のマガジンに装着可能です。

実はこれ、
よしむねさんがハイパワー用にモデル工房Sさんに作って頂いた
グリップ材の残りを頂き、それで製作して頂きました。
こんなところでも、ちゃんとエコしてます♪

よしむねさん、モデル工房Sさん、
ありがとうございましたぁ~♪

また、チームグッズが増えて、うれしいかぎりです!
先日のチームの練習会でも、滑らずに素早いマグチェンジが可能でしたよぉ。



  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(6)マガジン