2011年06月09日

マルシン キンバーカスタム(本体)

さて、

カスタムカートの実射性能が分かったところで、
もうカスタムの8割は完成なのですが、さすがに
それだけではねぇ~(汗)

マルシンキンバーは、インナーシャーシをプラ製のグリップで

挟み込む構造になっているのですが、ここにこのモデル特有の
持病があるので、そこの改修をします♪


どこかと言いますと、

このセフティーのプランジャー部分です。
画像のように、プランジャーピンが、セフティーの上に
乗り上げちゃうんですね~。


これは、

プランジャーピンを押さえているプレートが浮いてしまうからなんです。
なので、プレートが浮いて、プランジャーピンが乗り上げないように
改修します。

そのためには、
グリップフレームからインナーシャーシを外す必要があるのですが、
それら分解の仕方は、コチラをご覧下さい♪


インナーシャーシが外れました。

プランジャーを止めているプレートは、


ただ乗っかっているだけで、

なにも固定されていないので、ポロっと取れます。


グリップ内側の、

この出っ張りに、


プレートの穴が、

引っかかっているだけの構造です。


なので、

プランジャースプリングのテンションで、このプレートが、
パカパカ浮いてしまうのですね~。


別に分解出来なくてこまるところでもないので、

スーパーXGで接着です。


あとは、

プランジャーピンが長くて、スライドストップが入りにくいので、


スライドストップの裏側を削って面取りしたり、

(※ほんとうは、プランジャーピンを削って短くした方がいいのですが、
  削り過ぎて失敗しちゃうといけないので、こちらにしましたぁ)


トリガーの遊びを少なくしたりと、

あんまりカスタムというカスタムはしていません。


なので、

見た目はメーカー純正のノーマルと全く変わりませ~ん。
もとがいい個体だったので、カートのカスタムだけで、
驚くように当たるようになりました。

撃って楽しい銃ですが、「当たる銃」にもなりましたので、
シューティングマッチとかでも使って頂ければ、盛り上がること
間違いなし!ですね。(カート拾うのが大変ですが・・・)


ryochanさん、ご依頼ありがとうございました♪
久しぶりに楽しくカスタムさせて頂きました~。




  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(2)キンバー

2011年06月08日

マルシン キンバーカスタム(実射編)

ではでは、


カスタムカートがどれくらい当たるのか、

ノーマルのカートと比べてみましょう♪


こちら、

ランダムに選んだ10発のカートです。


射撃条件は、

 
 ・距 離       5m(室内)
 ・姿 勢       立射・両手保持(スタンドは使用せず)
 ・使用マガジン  ノーマルマガジン(室内常温)
 ・使用弾      マルイ0.2g
 ・狙 点       中央の赤丸
 ・所要時間     1秒間に1発のペース

こんな感じでの10発です。


惜しい!

1発はターゲットから外れましたが、ちゃんと当たっていますね~。
ryochanさんの固体はいいようですね。
私のキンバーなんて、箱だしで3発しかターゲットに当たりません
でした・・・(涙)
カートから弾が出ずに、そのまま排莢されたカートもあったくらいです。
それくらい、カートによっては、保持が強すぎるんですね~。


さてそれでは、

同じ条件、同じ銃で、カスタムカートで撃ってみましょう♪


結果は、

ご覧の通りです♪

1発がまとまりから外れているのは、銃ではなく、射手が
未熟なせいですからね~(汗)

どうですか?
たったカートをカスタムするだけで、これだけ集弾性が上がるんですよ~♪
家で眠っているキンバーをお持ちの方には、ぜひ試して頂きたい
カスタムであります。




  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(8)キンバー

2011年06月07日

マルシン キンバーカスタム(カートリッジ)

ではではまず、


本体よりも、

こちらのカートのカスタムから始めます。これをやるだけで、
同じ銃から撃っても、見違える様に当たるようになります。

ryochanさんは↑画像の数のカートをお持ちでしたので、
全て改修します。


まずは、

アルミ製でメッキされたカートから、パッキン部分を外します。


全部外しましたぁ。

マルシンキンバーのカートのパッキンは一体型になっていて、


前の方でBB弾を保持し、

後ろの部分が、スライドのノズルのエアシールの役目をします。
後ろ側のクビレの部分がアルミのカートの内側に引っかかって
いるだけの固定方法です。


で、

このクビレの境目のところから、パッキンをパッツンと
切断します。


このように全て切り取りました。

で、使うのは輪っかの部分です。


このようにカートのお尻にハメ廻す、じゃなくって、ハメ戻し、

ちゃんとエアシールするようにします。


あとはいつものように、

こちらのガラスチューブのお世話になります。


メーカーのゴム製のパッキンの代わりに、

こちらのチューブを差し込みます。
カートの内径は7mmで、チューブの外径も7mm。
サイズ的に丁度よいのであります。


長さはこれくらいあるので、

BB弾を2発装填することも可能です。


カートを全て改修しました。

次回は実射篇でその性能をご披露いたしましょう♪



  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)キンバー

2011年06月06日

久々のマルシン キンバー

え~、

先月のTakuさん主催のフロンティアマッチで、
マルシンキンバーを久しぶりに引っ張り出したのには
理由がありまして、


ryochanさんから、

こちらのカスタムを依頼されたからで~す。
カスタムしていたら、自分でも久々に撃ちたくなってきました♪


こちらはタクティカルタイプで、

実戦を意識してか、トリガーやハンマー、セフティーなどのパーツや、
マガジンまでもが黒くなっております。

ryochanさん家で空撃ちして遊んでいたら、調子はよさそうです。
綺麗に同じところにカートが飛んでいきます。
これを、ある程度ちゃんと当たるようにするのが、
今回のご依頼です♪


まぁ、カスタムと言っても、

このカートのカスタムだけで、ほぼカスタムは終了なのです
けれどもね~。それくらい、メーカー純正のカートは当たらな過ぎ!



  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)キンバー