スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2012年01月28日

WOOLRICH エリート チノ

ちょと前のGUN関係の雑誌に、
丁度タイミングよく、コンマガ、SATに、ウールリッチの
製品が特集されておりました。

イチローさんが、ウールリッチからの依頼で写真の撮影を
されたので、ずっと気になっておりましたよ。

タクティカルなパンツは、普段の仕事では着用できないので、
普段でも着れる大人しめなデザインのタクティカルパンツを
探しておりました。

なので、このようなシンプルなデザインのパンツだと、
仕事でも着用出来るので助かります♪


12月にアンリミがあり、大会の後の打ち上げが
御徒町だったので、打ち上げ会場に行く前に寄り道して、
中田商店さんに行ってきました。
しかし、雑誌に掲載された影響でしょうか、その日は
日曜日でもあったので、店頭の在庫はほとんどなく、
私の希望するサイズ、色のものはありませんでした。

やっぱり、雑誌の影響って凄いのですね!


後日、通販であらためて購入しました。

コチラのパンツですね。


ウールリッチ製品は、ん十年ぶりでしょうか?

実家にいて、週末はほとんどキャンプに行っていたころは、
シャツやジャケットなど、よく着ていたんですけどねぇ。


シンプルなデザインと、

やっぱり、この隠しポケットが購入の決め手ですね。
パッと見では分からない、ちょとした隠し要素があると、
遊び心や、男心をくすぐられませんかねぇ?(笑)


私の愛用している

パタゴニアの製品でも、


パーカーの、

ハンドウォーマーポケット部分に、


ジッパーで、

隠しポケットがありますよん♪


トイガンで言ったら、

例えば、


KSCの隠し刻印?

みたいな感じですかね?!


なので、

井浦先生に彫って頂いた作品へのサインも、


通常は見えなくて、

作動させると見えたりして♪


まぁ、そんな感じなので、

隠しポケットに隠したものが膨らんで見えにくいように、
ポケットの裏地も分厚くなっておりますよ~。


コンパクト系は大丈夫なのですが、

フルサイズのガバだと、グリップの部分が出てしまいますかね?
コマンダーサイズだと、スライドが短い分、ギリギリ行けるような
感じでしょうか・・・


シューティングよりも、仕事での普段着としてはいておりま~す。

も、

モチロン、

職務中は、トイガンなどコンシールドはして
おりませんからね~!(汗)


ご質問がありましたので、
画像↓撮ってみました。


二つ折りの財布は、

隠しポケットにモチロン入ります。

うんこ座りなどのしゃがんだ状態ですと、
ももの辺りが、パッツンぱっつんと
張るかもしれませんね。
まぁ、これは銃をコンシールドしても
同じかもしれませんが・・・


奥行きは、

財布の乗っかっている、白い布の部分
全てが隠しポケットの部分ですので、
これだけの余裕があります。




  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(6)装備品

2012年01月21日

OAKLEY HALF JACKET

昨年、


10月にあった大きな大会、

『JSC』が終わった後に、アイウェアである、
シューティンググラスを変えました。


スポーツの世界ではお馴染みの、

『OAKLEY』です。


レンズがフルカバーではなく、

セパレートのタイプのものです。


レンズには、

『TITANIUM』の文字がありますが、チタンが入っているのか、
コーティングがされているのかは、分かりません(汗)
クリアタイプのレンズでありながら、透過率は54%です。


今まで使用していたグラスとの比較です。

普段、仕事でもかけていた物で、軽く非常に使い勝手がよかった
のですが、造りがデリケートで、春先の子供の運動会での親子
競技の時に、ひじ打ちを喰らって、フレームが歪んでしまった事が
ありました。

そのころから、シューティングを使う事をメインに、その他の
アウトドアでも使用出来るように、スポーツグラスを探して
おりました。

チームRタイプの練習会の時に、Tangoさんが同じものを
かけていて、ずっと気になっておりました。
ちょとかけさせて頂いたところ、視界も広く、かけやすく、
レンズの歪みもなく、かけているのが分からないくらい
クリアーなレンズでした。


こちらが、

今までのグラスのかけた時の見え方。


こちらが、OAKLEYです。

今までのグラスのレンズと比べてどうでしょうか?
ほとんど差がありませんよね。見え方もほとんど
変わらないので、暗かったり、ターゲットが見難い
事もないので助かりましたぁ♪

このように、ちょっと色が付いているレンズの方が、
会場などの蛍光灯のギラつく明るさが気にならない
ので、私は完全なクリアーよりも、ちょこっと色付き
のレンズを愛用しております。


レンズの面積も多くなり、

視界をしっかりとホールドしてくれますし、
G3さんの痛い兆弾からも、しっかりと目を守ります(笑)


いやぁ~、

軽くて、見やすくて、歪みもない、
さすが、世界のOAKLEYですね!


でも、

このモデルを選んだ1番の理由が、


チームS&Wの女性シューター、

モリーちゃんがかけているのと同じだから・・・、

と、言うのはナイショです♪


  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)装備品

2011年05月10日

Birko Active

さて、


インソールはこちらを用意しました。

今までインソールには拘っていた時期もあり、
例えば、自転車のロードレーサー用のクリート(ビンディング)
付きのシューズには、自分の足の裏から型取りして成形した
インソールを使用していました。

足のパワーを無駄なく効率よくペダルに伝えるには、
自分の足に合ったシューズを選ぶことはモチロンですが、
拇指球の真下にペダルシャフトの軸が来るようにしたり、
クリートの位置を調整したり、ポジション出しが面倒です。
多少、シューズが自分の足に合わなくても、インソールを
換えることで、靴を代える以上の効果があることもあります。

あ、

ちょっと話がズレますが、皆さん靴を買う時って、
いつ(何時ごろ)に買っていますか?

午前中? お昼? 夕方?

簡単に言えば、朝と夕方の足では、夕方の足の方が
大きくなっています。これは、1日を通して歩いたり、
浮腫んだりするからです。
なので、午前中に足にぴったりとフィットする靴を選んで
しまうと、夕方にはキツく感じてしまいます。
ですから、靴を買う時は、夕方の3時以降を目安に
選ぶ事をお勧めします。

1日の中で、一番足の大きい状態の時に、
ピッタリとフィットする靴を選びましょう♪

小さい靴はキツイだけですが、
大きい分にはなんとかなります。
今回のように、インソールを付属のものから、
もっとフィットするものに換えるだけで、履き心地が
グ~んと変わります。

んで、


こちらのインソールは、

普段、仕事で履いている『ビルケンシュトック』が作っている
インソールです。

なんでもSINCE 1774年~の歴史のあるメーカーですから、
靴に入れる中敷、インソールにも拘りがあります。
ベーシックなインソールだけでも6種類もあります。


その中から、

『ビルコ アクティブ』と言う、スポーツ向けのインソールを
選びました。

踵の部分は、硬いアクリルで出来ていて、足を自然な位置
に固定して支えます。


前足などの、

可動部分は衝撃を吸収するポリウレタン製で、快適な歩行を
提供します。


それよりも、何よりも、

一番ビルケンシュトックらしさを出しているのが、
この立体的なインソールの形状です。足の解剖学に
基づき、人にとって最も理想的な形状を再現している、
との事です。


これは、

パタゴニア(メレル)に純正で付属していた中敷と比べれば
一目瞭然です。
従来品は、平らな中敷ですが、


ビルケンシュトックでは、

土踏まずの部分に起状のアーチを作ることで、
足裏にかかる体重配分を崩さず、疲れにくく
しています。


踵の部分も、

深いヒールカップで、


かかとをしっかりホールドし、

向きをまっすぐに固定します。


つまり、

かかとからつま先まで、足全体を正しく機能させることにより、
ふくらはぎの筋肉を自然な状態に戻し、正しい姿勢をサポート
する役目を果たしています。


もし、皆さんが足に合わない靴を履いていても、
インソールを換えることで、履き心地が変わるかも
しれませんよ~♪

  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)装備品

2011年04月28日

タクティカル ファッション

さて、

シューティングと言っても、色々なタイプがあり、
5枚のプレートの撃つ早さを競うものもあれば、
コースを移動しながら、人型のターゲットを撃つ
ものもあります。

私達のシューティングチーム、「チームRタイプ」では、
基本的には早さを競うスピードシューティングがメイン
なのですが、
より実戦を想定した、タクティカルシューティングも
動きながら撃ったりするので、楽しいものです♪

もともと、私はサバイバルゲーム出身なので、
小さな動かない的を撃つよりは、人型のターゲットを
撃つ方が慣れているのもしれません。


こちらのTangoさん、

夏でも冬でも、コンシールドキャリーからの抜き撃ちを
基本としていて、いつでもジャケットドローからの射撃です♪

しかも、ジャケットドローなのに、早いんです!

この時はまだ冬のなごりがあり、寒いので、このような
タクティカルジャケットを着用し、コンシールドしたインサイド
パンツホルスターからのシューティングです。

Tnagoさんはこういったシューティングの練習会の時だけでなく、
普段のファッションも、このようなタクティカルファッションなの
だそうです。カッコイイですよね~。
ちなみに先日の地震当日も、自宅までの14kmを踏破したそうです。
もともと、このようなタクティカルファッションはスピードハイク装備の派生型
でもあるそうなので、災害時の恩恵は有難かったそうですよ。

また、足元をしっかりと守るメレルのカメレオンも、

全く足が疲れなかったそうです。
このような経験談からも、タクティカルファッションは、いざという時の
装備の一環としてとても有効であると思います。


ryochanさんも、

このようなフリースのジャケットからのドローもキマっていますし、
Tangoさんと同じく、メレルのシューズを愛用されています。


やまさんも、

Tangoさんと同タイプのタクティカルジャケットを好んで着ておりますね。
ホルスターだけでなく、マガジンポーチもジャケットが覆い隠してくれるので、
ぱっと見は、銃をコンシールドしているようには見えないところもいいですよね♪


なので、

このような、タクティカルシューティング用としてだけでなく、

普段着としても着用できる、タクティカルファッションはカッコイイので、
私も、自分なりにコーディネイトしてみたいと思います♪

まぁ、
私の好みなので、随分と偏った組み合わせにはなると思うのですが。


さて、どんな感じになりますかね・・・?



  


Posted by 子連れ狼 at 00:05Comments(0)装備品